小さな蔵の映画祭『晩春』上映しました!

こんにちわ。

梅は咲いたか桜はまだか。そんな季節になりましたね。

記念館のシダレ桜の開花が待ち遠しい。そんな今日この頃。

 

さて、昨日は小さな蔵の映画祭2017上半期の第2回目の上映となりました。今期のテーマは「小津安二郎の作品」。そして、昨日上映したのは『晩春』です。

 

原節子さん演じる女性の可愛らしさや着物姿にうっとりな本作。今回は、たくさんの方にお越しいただき、満席での上映となりました。

いつも楽しみに来てくださる方だけでなく、遠くからいらした方、お友達同士で誘い合わせて来た方など。みなさんこの上映会を楽しみにしていてくれて、とても嬉しいです。

上映後は自然に拍手があがるなど、蔵は良い雰囲気に包まれていました。

次回の上映会は5月27日。上映作品は『麦秋』です。(「秋」とありますが、麦の稲穂が黄金色に実る5月終わり〜6月の初めの時期を「麦秋」といいます。)

是非、お楽しみに!

 

そして、冒頭にも触れましたが、記念館には見事な花を咲かせるシダレ桜があります。ライトアップもされ、それはそれは美しいです。

シダレ桜の満開の時期に私たちも、平日の夜や土日などに蔵で飲み物を提供するカフェを開きます。こちらも是非お越しください。(やまね)